AGAの薬

AGAの薬|ミノキシジルとフィナステリド

AGAは強力に脱毛を促進させてしまう症状の為、一度発症すると回復が難しい脱毛症と考えられていました。
しかしながら現在では薄毛治療の研究も進み、特効薬も開発されているのです。活用することによって回復ができる可能性が高まりますし、実際に多くの方が回復に成功しています。

 

AGAの特効薬には種類がありますが、はじめに飲むタイプのフィナステリドについての解説です。

 

AGAの特効薬|フィナステリド内服薬

フィナステリドとは成分の名称であり、プロペシアを代表とするいくつかの内服薬に配合されています。
飲むだけで効き目を発揮する為、手軽に利用することができるのが特徴。そして主な効果としては脱毛を予防することです。

 

そもそもAGAとはどのような症状なのかについてですが、この脱毛症はDHTという物質が根幹で悪さをしています。髪の毛が健康的に育つ為には毛周期と呼ばれるサイクルが正常になっていることが大切ですが、DHTは毛周期を変化させてしまう働きがあるのです。

 

毛周期の中には成長期と呼ばれる髪の毛が育つタイミングがあり、この期間の時に髪の毛が活発に育つのが通常です。
そして成長する期間としてはおよそ5年前後とされています。

 

この期間を終えると退行期と呼ばれる成長が終わる期間に突入し、さらには休止期に入って次の発毛に備えます。
その後はまた成長期に入って髪の毛が育っていくのが通常のプロセスです。
ではDHTがどのように影響するのかと言いますと、DHTが増加することによって成長期が短縮されます。

 

そしておよそ1年程度という短い期間しか成長しなくなってしまうのです。
つまり十分に髪の毛が育つことができないままに退行期や休止期に入ってしまいますので、髪の毛が育っていない分、地肌も目立ち易くなってしまいます。こうした状態が続くことによってどんどん薄毛が促進されていきますし、やがてはハゲの状態になってしまうのです。

 

これがAGAによって薄毛になる理由ですが、しかしフィナステリドを服用することで改善することができます。
根本の原因になっているのがDHTと解説をしましたが、このDHTは男性ホルモンと還元酵素によって作られています。

 

そしてフィナステリドというのは還元酵素を抑制する力を持っている薬なのです。
つまり両者の結合を阻害する働きがあり、DHTの増加を予防することができます。薄毛を促進させる根本の物質を抑制できますので乱れていた毛周期も正常になり、髪の毛も生え易くなるのが回復ができる仕組みです。

 

こうした作用によってAGAを改善できる可能性があるのですが、ただ、程度によっては対策としては不十分になってしまいます。
そもそもフィナステリドは脱毛を予防する為の働きしか持っていない為、発毛させることはできないのです。
特に加齢などで毛根が弱くなっている場合は発毛をする力自体が相当に低下しています。

 

しかしながら発毛をさせる手立てがないわけではありません。
特効薬はもう一つあり、それを併用することによって回復効果をアップさせることができるのです。

 

AGAの特効薬|ミノキシジル

もう一つの特効薬として挙げられるのがミノキシジルという成分です。
こちらは外用として使用するものですから頭皮に塗って使用することになります。

 

ではミノキシジルにはどのような効果があるのかと言いますと、この成分には血管を拡張することによる血行の促進効果に期待ができます。
毛根の活動を高めることが薄毛を改善する為のポイントですが、ミノキシジルは毛細血管を拡張する高い力を持つ成分ですので、結果的に毛根の活動も活性化させることができるのです。

 

さらにミノキシジルには毛母細胞の分裂を促進させる作用があるのも特徴。毛母細胞が分裂を繰り返すことによって髪の毛が次々に育つようになりますが、直接的にミノキシジルが分裂を促進してくれますので発毛も効果的に促すことができるのです。

 

このような効果を持っているのがミノキシジルの特徴であり、AGAに対しても高い有効性がある成分として見られています。
なお、高い発毛効果を持っているミノキシジルでも単独で利用する場合ですと効果が低くなってしまう可能性があります。

 

前述したようにAGAはDHTが増加することで発症するとお伝えしましたが、ミノキシジルにはDHTを抑制させる働きはありません。
つまり単独で使用する場合ですと、DHTの脱毛作用によってミノキシジルの発毛促進作用も相殺されてしまうのです。

 

AGAの薬はフィナステリドとミノキシジルの併用が大切

ですから単独で使用するのではなく、フィナステリドで脱毛を抑制しながら、ミノキシジルで発毛を促進させていくという対策を行うのがセオリーと言えるでしょう。

 

お互いの相乗作用があってこその高い発毛効果ですので、いずれかに頼るのではなくセットで活用するのが理想的です。
ただし、薄毛には程度がありますから、症状次第では必ずしもセットで使用する必要はありません。いずれかでの対策で済むこともありますので、症状に合わせて対策を講じることが大切です。

関連ページ

プロペシアの効果と副作用
プロペシアの効果的な飲み方は、より毛化を出しやすい飲み方をしたいのであれば、毎日だいたい決まった時間に服用をするが大切です。1日1錠、もしくは半錠服薬することで、発毛の効果が出てきます。プロペシアは即効性がある薬ではないですが、ヘアサイクルを整えてくれるので中期的な観点で発毛効果が出てきます。プロペシアは医薬品に分類されるので、医師の診断の元、副作用も理解したうえで服薬しましょう。
ミノキシジルの効果と副作用について
ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させて毛乳細胞に必要な栄養素を行き届ける効果と毛包を大きくする効果があります。また一方で、ミノキシジルには多毛症、ニキビ、肌荒れ、性欲減退、局所発熱、眠気などの副作用もあります。ミノキシジルのタブレットの服薬に関しては医師の診断の元、適切に行いましょう。
フィンペシアとは
フィンペシアとは男性型脱毛症(AGA)の治療薬の一つです。同じくAGAの治療薬であるプロペシアとほぼ同成分で、効果もほとんど変わらないという特徴を持っています。また、フィンペシアはプロペシアに比べて価格がかなり安価であることから、代わりに使用しているという人も少なくありません。
M字はげをAGA専門クリニックで治療するメリット
AGA専門クリニックを利用するメリットに選べる薬の種類が豊富なことです。また、AGA専門クリニックですとその他にも外用薬も処方してくれたり、また、薬だけでなくオリジナルのサプリメントや幹細胞再生治療などの治療もしてくれます。
プロペシアの初期脱毛とは
薄毛に悩まされている人におすすめの、効果の高い治療薬といえばプロペシアですが、副作用として初期脱毛が発生するので、それを知らずに使った人は驚いてしまうようです。しかしこのプロペシアの副作用である初期脱毛はずっと続くのではなく、あくまで一時的なものなので、心配することはありません。通常、1日に髪の毛が抜ける本数は100本前後といわれていますが、プロペシアによる初期脱毛が起こると、1日300本以上が抜けてしまうことがあります。