ミノキシジルの効果と副作用について

ミノキシジルの効果と副作用について

ミノキシジルの効果

もともとミノキシジルは血圧を低下させるために開発された薬でしたが、服用している人から次々に発毛や育毛効果があるということが報告され始めたことから改めて開発され治して育毛や発毛効果がある薬として販売されています。

 

どれだけ髪を作るための細胞が健康であったとしても、栄養がきちんと行き届かなければ髪は作られません。
ミノキシジルの血管を拡張させる効果によって髪の毛を作る元である細胞に栄養がきちんと行き届くようになるので、発毛効果が期待できると言われています。

 

また、ミノキシジルは髪の毛を作る器官である毛包にも作用すると言われています。毛包が小さければ自然と生えてくる髪の毛は細く弱々しいものになってしまいますが、小さくなってしまった毛包が大きくなれば、それだけ生えてくる髪の毛はしっかりと太いものへと変わって行きます。

 

この、毛包を大きくする効果によってミノキシジルは発毛効果があると言われています。毛包が成長しなければ太くてしっかりとした髪の毛は作られてきませんので、服用を始めてすぐに薄毛や抜け毛が改善されるというわけではありません。
毛包が成長するまで1〜3か月ほど継続して服用を継続する必要があると言われています。

 

しかしミノキシジルは日本国内では外用薬しか認可されていません。
外用薬は頭皮への吸収率があまり高くないとも言われています。

 

これらの効果をしっかりと享受したいのならば外用薬ではなく内服薬でミノキシジルを服用することが重要です。
内服薬の方が外用薬よりも高い吸収率があると言われていますが、内服することによって発毛効果が頭皮以外のところにまで及んでしまい、多毛症になってしまったり男性のEDや性欲減退、もともと血圧を低下させるための薬のため低血圧症などの副作用が起こってしまう可能性があり、日本国内では内服薬は認可されていませんので処方しているクリニックは、AGAスキンクリニックなど一部のAGA治療専門病院に限られます。

 

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルはAGA治療薬で、外用薬とタブレット薬の2種類があります。
外用薬の場合、ドラッグストアで買うことができるので、比較的手に入りやすく気軽に始められる薬でもあります。

 

ミノキシジルは、血管を拡張させて、血流を良くする働きがあるので、必要な栄養素を毛根にまで届けることができ、発毛を促すことができます。もとは高血圧症の方の血圧を下げるために開発された薬で、その過程で副作用として発毛が見られたため、AGA治療薬としても使用されるようになっています。

 

もう一つのAGA治療薬であっるプロペシアよりも副作用は少ないですが、使用できない場合として、高血圧の人、高血圧の治療をしている人、未成年、頭皮に傷や、湿疹がある人、心臓病の人があげられます。ミノキシジルには、頭皮に薬剤を振りかける外用薬がありますが、頭皮に傷がある場合、さらに炎症を広げてしまう可能性があります。完治してから使用するようにしましょう。

 

また、高血圧の人は使用をしない方が良いですが、低血圧であっても使用をしない方が良い場合があります。
低血圧の場合、さらに血圧が下がってしまうので、倒れる危険性があるからです。血圧関係に疾患があったり、異常値があったりする場合は衣料機関に相談するようにしましょう。

 

ミノキシジルの主な副作用としては、多毛症、ニキビ、肌荒れ、性欲減退、局所発熱、眠気といったことがあげられます。
性欲減退に関しては、性機能がうまく働かなくなることがあります。子どもが欲しいと夫婦で話し合っている時はどの時期に使用を開始するのか話し合うようにします。

 

ニキビ、肌荒れは血管が拡張する為に起こります。皮膚が成長をし、皮脂の分泌量が増えるためです。
頭皮のべたべたすることがあり、フケも増えますが、ごしごし洗うのは控える様にしましょう。頭皮が乾燥しすぎてしまったり、傷ついたりしてしまいます。
なお、ミノキシジルは使い始めると、脱毛が起こることがあります。これは副作用ではなく、血流が良くなってきたからです。

関連ページ

AGAの薬|フィナステリドとミノキシジルはAGAの特効薬
AGA(男性型脱毛症)には、ミノキシジルとフィナステリド内服薬が特効薬になっています。血管を拡張して必要な栄養素を毛根まで届けてくれるミノキシジル。DHTの生成をブロックしてくれ、抜け毛を減らしてくれるフィナステリドをご説明いたします。
プロペシアの効果と副作用
プロペシアの効果的な飲み方は、より毛化を出しやすい飲み方をしたいのであれば、毎日だいたい決まった時間に服用をするが大切です。1日1錠、もしくは半錠服薬することで、発毛の効果が出てきます。プロペシアは即効性がある薬ではないですが、ヘアサイクルを整えてくれるので中期的な観点で発毛効果が出てきます。プロペシアは医薬品に分類されるので、医師の診断の元、副作用も理解したうえで服薬しましょう。
フィンペシアとは
フィンペシアとは男性型脱毛症(AGA)の治療薬の一つです。同じくAGAの治療薬であるプロペシアとほぼ同成分で、効果もほとんど変わらないという特徴を持っています。また、フィンペシアはプロペシアに比べて価格がかなり安価であることから、代わりに使用しているという人も少なくありません。
M字はげをAGA専門クリニックで治療するメリット
AGA専門クリニックを利用するメリットに選べる薬の種類が豊富なことです。また、AGA専門クリニックですとその他にも外用薬も処方してくれたり、また、薬だけでなくオリジナルのサプリメントや幹細胞再生治療などの治療もしてくれます。
プロペシアの初期脱毛とは
薄毛に悩まされている人におすすめの、効果の高い治療薬といえばプロペシアですが、副作用として初期脱毛が発生するので、それを知らずに使った人は驚いてしまうようです。しかしこのプロペシアの副作用である初期脱毛はずっと続くのではなく、あくまで一時的なものなので、心配することはありません。通常、1日に髪の毛が抜ける本数は100本前後といわれていますが、プロペシアによる初期脱毛が起こると、1日300本以上が抜けてしまうことがあります。