プロペシアの初期脱毛とは

プロペシアの初期脱毛とは

薄毛に悩まされている人におすすめの、効果の高い治療薬といえばプロペシアですが、副作用として初期脱毛が発生するので、それを知らずに使った人は驚いてしまうようです。

 

しかしこのプロペシアの副作用である初期脱毛はずっと続くのではなく、あくまで一時的なものなので、心配することはありません。
通常、1日に髪の毛が抜ける本数は100本前後といわれていますが、プロペシアによる初期脱毛が起こると、1日300本以上が抜けてしまうことがあります。

 

しかしこれはプロペシアを使い始めた人に起こりやすい症状であり、およそ8割近い人が体験することなので、安心するようにしてください。
初期脱毛の理由についてはまだはっきりとは解明されていませんが、すぐに抜けそうな細い髪の毛を排除することで、次に生えて来る髪の毛に栄養を与えて、成長しやすくするためと考えられています。

 

またヘアサイクルが整ったため、新しく生えてきた太い髪の毛が、細い髪の毛を押し出すためだともいわれます。
どちらにせよ、健康的な髪の毛が生えて来るために、抜け毛の量が増えるのは仕方がないことなので、急にたくさん抜けたとしても慌てず、そのままプロペシアを使い続けることが大切です。
それでも気になるという方は、AGA専門病院で相談するようにしましょう。

関連ページ

AGAの薬|フィナステリドとミノキシジルはAGAの特効薬
AGA(男性型脱毛症)には、ミノキシジルとフィナステリド内服薬が特効薬になっています。血管を拡張して必要な栄養素を毛根まで届けてくれるミノキシジル。DHTの生成をブロックしてくれ、抜け毛を減らしてくれるフィナステリドをご説明いたします。
プロペシアの効果と副作用
プロペシアの効果的な飲み方は、より毛化を出しやすい飲み方をしたいのであれば、毎日だいたい決まった時間に服用をするが大切です。1日1錠、もしくは半錠服薬することで、発毛の効果が出てきます。プロペシアは即効性がある薬ではないですが、ヘアサイクルを整えてくれるので中期的な観点で発毛効果が出てきます。プロペシアは医薬品に分類されるので、医師の診断の元、副作用も理解したうえで服薬しましょう。
ミノキシジルの効果と副作用について
ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させて毛乳細胞に必要な栄養素を行き届ける効果と毛包を大きくする効果があります。また一方で、ミノキシジルには多毛症、ニキビ、肌荒れ、性欲減退、局所発熱、眠気などの副作用もあります。ミノキシジルのタブレットの服薬に関しては医師の診断の元、適切に行いましょう。
フィンペシアとは
フィンペシアとは男性型脱毛症(AGA)の治療薬の一つです。同じくAGAの治療薬であるプロペシアとほぼ同成分で、効果もほとんど変わらないという特徴を持っています。また、フィンペシアはプロペシアに比べて価格がかなり安価であることから、代わりに使用しているという人も少なくありません。
M字はげをAGA専門クリニックで治療するメリット
AGA専門クリニックを利用するメリットに選べる薬の種類が豊富なことです。また、AGA専門クリニックですとその他にも外用薬も処方してくれたり、また、薬だけでなくオリジナルのサプリメントや幹細胞再生治療などの治療もしてくれます。