M字はげの発毛は病院で!

M字はげの発毛は病院がおすすめ!

はげの症状の中でも特に改善が難しいと言われているのがM字はげです。
はげてしまった時に改善させる為には血行を良くして毛根の活動を活性化させる必要があるのですが、おでこの生え際は元々毛細血管の数が少ないところという事実があります。

 

つまりM字はげは薄毛になり易い場所であり尚且つ改善が難しいところでもありますので、一旦M字はげになってしまうと歯止めがきかなくなってしまうことがあるのです。

 

しかしながら病院での治療を受けることで発毛ができる可能性があります。はげを改善させる有効な治療法も確立されていますので、M字はげだろうと元のフサフサへと復活できるかもしれません。

 

病院のM字はげ治療方法

病院で受けられるM字はげの治療法はいくつかあります。
代表的な治療法としては飲み薬を用いた方法。

 

フィナステリド内服薬によるM字はげ治療

飲み薬はフィナステリド錠と呼ばれるものなのですが、この薬には脱毛を抑制する働きがあります。そして脱毛を抑制することによって発毛環境を整えることができ回復へと繋げることができるのです。

 

ただし、この薬はAGAの場合に限定して効果を発揮します。ですからAGA以外に原因がある場合ですと効き目に期待することはできません。しかし生え際が薄くなってしまう原因の多くはAGAとされていますので、効果が発揮される可能性は高いと言えるでしょう。

 

しかしながら効果が出ないかもしれない理由がもう1つあることも知っておいた方が良いと言えます。
効果が出ないパターンとして5α還元酵素のT型によって脱毛している場合です。この5α還元酵素というのはAGAの原因になっている物質なのですが、T型とU型が存在します。そしてフィナスステリドはU型に効果を発揮する薬であり、T型による脱毛ですと効き目がありません。ですから原因次第では効果が得られない可能性もあるのです。

 

デュタステリドによるM字はげ治療

ただ、現在ではT型に関しても有効な薬が開発されています。それはデュタステリドと呼ばれる成分であり、T型とU型を同時に抑制することができるのです。
ですからフィナステリドでは効果がなかった場合でも、こちらの薬を使用することで改善ができるかもしれません。しかしまだ取り扱いのある病院が少ないという短所もあります。

 

ミノキシジルによるM字はげ治療

病院で受けることができる治療法としてミノキシジルを用いる方法も挙げられます。
フィナステリドは内服するタイプの薬でしたが、ミノキシジルは外用するタイプですので頭皮に直接塗って使用します。

 

ミノキシジルはフィナステリドとは全く違った働きをする成分であり、発毛の促進効果を主にした薬です。
元々は血圧治療に用いられていた成分ということもあり、強力に血管に作用するのが特徴で高い発毛効果に期待ができると言えます。
軽度の脱毛症ですとミノキシジルだけでも効き目が発揮されることもありますが、重度の場合ですと効き目が小さくなります。
特にM字はげが相当に進んでいる場合ですと、単独での使用をしても改善は困難なのが現実です。
効き目をアップさせる為にはフィナステリドを併用するのが良いと言えます。

 

効果的にM字はげを発毛をさせる為には脱毛物質を抑制することも必要ですので、セットで使った方が改善効果は大きいです。なお、反対にフィナステリドだけでの対策の場合も効果が小さくなりますので、ミノキシジルを合わせて使用することが大切です。

 

M字はげ治療は基本的にこの2つの薬はセットで使用することが推奨されていますので、同時に活用していくようにした方が良いでしょう。
M字はげを改善する為の治療法として主流なのはこうした薬を用いた対策なのですが、病院ではその他にも色々な治療を用意しています。

 

注射薬によるM字はげ治療

まず注射治療ですが、これは頭皮にダイレクトに有効成分を注入するのが特徴です。フィナステリドやミノキシジルを使う場合は飲んだり塗ったりすることになりますが、ただ、スムーズに毛根に作用するとも限りません。

 

ですから効果が低くなってしまうことがあるのですが、そこで活躍するのが注射治療。
この治療の場合は直接フィナステリドなどの成分を頭皮内に注入することができますので、ダイレクトに作用させることが可能なのです。効き目も出易くなりますし、ほんの数回の施術で発毛ができることもある効果的な治療法です。
AGAメソセラピーとも呼ばれているM字はげの治療法です。

 

植毛によるM字はげ治療

植毛治療も病院で受けることができ、AGAに対しても効果があると言われています。
特に推奨されているのが自毛を植える治療法なのですが、この治療法ですと回復ができる可能性が高いです。
薬を用いる方法ですと効き目が出ない場合もあったり、回復までに長い時間を要してしまうことがありますが、その点、植毛の場合ですとドナーを移植した後に生える可能性が高く、さらには回復に掛かる期間も短くて済みます。

 

さらには植毛をした後に薬を飲み続けるなどの手間がありませんから、治療後の維持が簡単という良さもあるのです。
ただし、自毛があってこその治療法なのが短所と言えます。そもそもの植えられる髪の毛があってこそ実践できますから、全体的に薄かったりすると難しい場合があります。

関連ページ

M字はげでも似合う髪型はボウズやソフトモヒカンだけではない!
M字はげが似合う髪型と言えば、ボウズ頭やソフトモヒカンを思い浮かべる人が多いですが、ショートレイヤーやセンターアップバング、ツーブロックなどもオシャレ感が出てM字はげにおすすめの髪型ですよ。
M字はげの初期症状|M字ハゲは初期治療が大切!
M字はげの初期症状は主に3つあります。髪の毛のボリュームが無くなる、頭皮の痒み、抜け毛が増える事です。M字ハゲは初期段階での発見が大切で、改善期間の短縮や効率などに大きく影響します。M字はげを疑ったら、早期治療を心掛けましょう!
M字はげだった芸能人「宮迫博之」はどのようにしてM字ハゲ治療をした?
M字はげの有名芸能人と言えば「宮迫博之」さんですが、以前は弱々しい髪の毛だったのが、最近ではM字ハゲを完全に克服した芸能人として、育毛シャンプーのコマーシャルにも出演しています。宮迫さんがM字ハゲをどのように克服したかをご説明いたします。
M字はげの判断基準
M字はげになっているかを見分ける為の基準にまず、前髪を上げてみて剃り込み部分がM字になっていないかどうかをチェックしてみることです。M字はげとは文字通りアルファベットのMの形のように剃り込みが後退してしまう症状ですので、両サイドが後ろに後退している状態の場合は危険信号と言えるでしょう。
M字ハゲ対策|正しい治療で改善させよう!
M字はげ対策