抜け毛(脱毛症)の種類と原因について

抜け毛(脱毛症)の種類と原因について

抜け毛は脱毛症とも言われ、身体の不調の一種として認識されています。

 

この脱毛症には種類があり、それぞれ原因が違っていますが、そのひとつに挙げられるのが毛髪サイクルによる抜け毛です。
髪の毛には毛髪サイクルと呼ばれる周期があり、髪の毛1本のサイクルが終わりに近付きますと、自然と抜け毛となるものです。この毛髪サイクルによる抜け毛は、身体の自然な反応ですから、特に心配する必要はありません。

 

本来の脱毛症は、通常の脱毛サイクルに不調が生じ、いわゆる頭髪が薄くなるものを指します。
このタイプの抜け毛は、毛髪サイクルとは関係なく髪の毛が抜けていきますので、脱毛症と考えられます。

 

脱毛症は、ホルモンバランスの不調や、精神的なストレスなどが原因となって起こることが多いとされています。
自然な抜け毛との最大の違いは、脱毛の量や頻度が多くなりすぎて、頭部が薄くなってしまうことです。

 

最近頭部が薄くなってきた自覚がある方は、このタイプの脱毛症を疑っていいかもしれません。このように、一概に抜け毛と言っても、脱毛症には種類がありますから、どのタイプなのか見極めることが肝心になります。その上で、脱毛の対策を取ることが大切です。

関連ページ

抜け毛を予防する食事
抜け毛が気になり始めたら、食事から予防することも大切です。タンパク質は髪の主成分となるため、欠乏しないように意識しましょう。ダイエットをすると抜け毛が増えることが多いですが、これは必要な栄養素が欠乏してしまうからです。
抜け毛が増える時期と対策
抜け毛が増える時期は基本的に秋ごろと言われています。理由としては、夏の暑い時期では、疲労が溜まりやすく、日差しも強いため、紫外線による頭皮へのダメージです。
抜け毛の本数について
頭髪はおよそ10万本あると言われており、1日に抜ける本数は100本前後と言われています。抜け毛の多くは、新生毛が押し出すかたちで抜け落ちるため、本数はそれほど変わっていません。
女性の抜け毛の特徴
男性と女性ではその特徴が異なっています。男性が額から薄毛が進むM型脱毛症や頭頂部より進むO型脱毛症といった傾向でうぶ毛化して、最終的には頭皮が露出してしまうという特徴に対し、女性は抜け毛が頭髪全体に進み全体的に薄毛になっていくという「びまん性脱毛症」が多いのが特徴です。