女性の抜け毛の特徴

女性の抜け毛の特徴

早い人で20代から、おおよそ40代から気になってくる抜け毛ですが、男性と女性ではその特徴が異なっています。
男性が額から薄毛が進むM型脱毛症や頭頂部より進むO型脱毛症といった傾向でうぶ毛化して、最終的には頭皮が露出してしまうという特徴に対し、女性は抜け毛が頭髪全体に進み全体的に薄毛になっていくという「びまん性脱毛症」が多いのが特徴です。

 

びまん性の意味は広範囲に広がるということであり、その結果分け目・つむじといったところが目立って来たり、全体的なボリュームがなくなってきます。自分では気が付きにくい箇所でもあるため、人に指摘されて初めて気が付くというケースも多いです。

 

抜け毛の量の変化はホルモンバランスに作用されます。
男性ホルモンのテストステロンが5a-リラクターゼ(酵素)と結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)という毛母細胞に悪影響を与えるホルモンに変化してしまいます。

 

女性にもこのテストステロンは少量分泌されていますが、女性の抜け毛に対しこれ以上に影響力を持つのが女性ホルモンであるエストロゲンです。
加齢と共に減少していくエストロゲンは、毛髪の成長期持続作用があります。

 

そのため一つの毛穴から毛髪が3本出ていたところが1本になってしまい薄毛に変化しますが、もともと分泌量が少しであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化する量も少ないため、頭皮が出るところまでは進行しません。

 

関連ページ

抜け毛を予防する食事
抜け毛が気になり始めたら、食事から予防することも大切です。タンパク質は髪の主成分となるため、欠乏しないように意識しましょう。ダイエットをすると抜け毛が増えることが多いですが、これは必要な栄養素が欠乏してしまうからです。
抜け毛が増える時期と対策
抜け毛が増える時期は基本的に秋ごろと言われています。理由としては、夏の暑い時期では、疲労が溜まりやすく、日差しも強いため、紫外線による頭皮へのダメージです。
抜け毛の本数について
頭髪はおよそ10万本あると言われており、1日に抜ける本数は100本前後と言われています。抜け毛の多くは、新生毛が押し出すかたちで抜け落ちるため、本数はそれほど変わっていません。
抜け毛(脱毛症)の種類と原因について
抜け毛は脱毛症とも言われ、身体の不調の一種として認識されています。この脱毛症には種類があり、それぞれ原因が違っていますが、そのひとつに挙げられるのが毛髪サイクルによる抜け毛です。髪の毛には毛髪サイクルと呼ばれる周期があり、髪の毛1本のサイクルが終わりに近付きますと、自然と抜け毛となるものです。この毛髪サイクルによる抜け毛は、身体の自然な反応ですから、特に心配する必要はありません。